ルーレット攻略法・必勝法 マーチンゲール法からピラミッドシステムまで 必要資金とテーブルリミット

ルーレット攻略法について、「伝統的な必勝法」と言われるものをまとめてみました。
32redルーレット0123-1

この項でご紹介するのは、赤か黒かといった確率が5割近いところで、片方に賭けるタイプの必勝法、攻略法です。
掲載した表は、最小単位を1ドルとして賭け始めた場合の計算です。

1.マーチンゲール法
負けたら倍を賭け続け、勝つまで続ける。
マーチンゲール法

ワイルドジャングルカジノ、ベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットは赤・黒ベットの場合、テーブルリミット(賭けられる上限金額)が500ドルのため、9回連続して負けると、10回目に512ドルを賭けないと元が取れません。

32レッドカジノのヨーロピアンルーレットは、2000ユーロが最大ベットです。32レッドなら10回連続で負けても大丈夫です。

そこそこの資金が要る割には、負けをひっくり返して勝っても1ドルしか増やせないという方法です。

2.グラン マーチンゲール法
負けたら、倍+1ドルを賭け、勝つまで続けます。
グランマーチンゲール法

8回連続して負けた場合、9回目に511ドルを賭けないと元が取れません。
ここでもオンラインカジノやゲームによって、テーブルリミット(ベットの上限)があることに注意が必要です。
マーチンゲール法での説明をご参照下さい。
最後に勝てば、プレイ回数分のドルが増えます。

ご参考に、スタートする賭け金が1ドルから5ドルまでの場合の必要資金が、何回連続して負けると幾らになるかを試算しましたのでご覧ください。1ドルでも結構な必要資金に膨れ上がります。5ドルだと必要資金とテーブルリミットの両方で、かなり無謀な賭けになるのがお分かり頂けると思います。
ルーレットグランマーチンゲール必要資金

3.ピラミッドシステム
勝ったら前回賭け金から1ドル減らす、 負けたら前回賭け金に1ドル足します。
ルーレットピラミッドシステム

仮に10回続けて負けても、賭け金は11ドルになる程度なので、元手がわずかで済みます。
その代わり、取り返すときも一発逆転でなく、数回続けて勝たないといけません。じわじわと元金を減らしてしまっていることがあるので、注意が必要です。

4.逆マーチンゲール法
賭け金と配当を合わせて次回の賭け金とします。
逆マーチンゲール法

「目標とする連勝回数、又は金額に達したら止める」ことをすれば、僅かな元手で大きく増やすことが出来ます。
ただ、負けた回数分の1ドルが減りますので、ご注意を。

目標の連勝回数だけ連勝し続けないとプラスに転じませんので、プレイ回数が非常に多くなるのが難点です。

この方法も、9連敗すると次に512ドルを賭けねばなりませんが、テーブルリミットに留意が必要です。

★ピラミッドシステム以外は、オンラインカジノ、ゲーム毎のテーブルリミットを確認しておくことをお勧めします。
★マーチンゲール法、グランマーチンゲール法は自己資金が潤沢にある場合に向いています。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村