世界のカジノ運営会社大手の日本への投資計画

今日まで東京で開催されていたカジノの国際会議で、大手カジノ運営会社が日本への投資計画を、記者会見や、ブルームバーグ等のインタビューで明らかにしています。昨日、一昨日お伝えしたラスベガス・サンズだけでなく、昨年から昨日までに表明された大手各社の意向をまとめてみましたので、ご覧ください。
世界のカジノ大手の日本投資計画2

尚、大手カジノが、どこでどんなカジノリゾートを経営しているかもご覧に入れるため、ちょっと盛り沢山な表も作ってみました。
ご興味のある方は、クリックして拡大してご覧ください。
世界のカジノ大手の日本投資計画

メルコ・クラウンなどは今春から始まる着物に関するイベントを皮切りに、東京芸大に10億円を支援すると表明しており、文化から攻める戦略はなかなかのものです。

結局、全ての大手カジノ運営会社が日本への投資の意向を持っている、ということが分かりますね。

というより、現代ビジネスに原田武夫さんが寄稿されていた「東京カジノ利権に群がるグローバル・マネーの闇」(2013年12月12日)でも明らかにされていますが、3年前に原田さんが見た米欧を代表する監査法人の「カジノ・レポート」では、2015年に日本のカジノ事業の売上が立っていたそうで、世界の大資本家にとって日本のカジノ解禁、日本へのカジノ投資は既定路線と考えるべきなのでしょうね。

余談ですが、2013年2月に『マリーナベイ・サンズ』のCEOが来日し、業界関係者向けにカジノに関するフォーラムを行なった際、“日本版カジノはどういう形態になるのか”というテーマで会場のスクリーンに映し出さた10枚ほどの「お台場巨大カジノのイメージ図」は、アメリカのウォルト・ディズニー社に数千万円で発注したものだったそうです。勝算ありと見てか、プレゼンへのお金のかけかたもケタが違います。

そのほか、表には入れていませんが、マレーシアの雲の上のカジノリゾート「ゲンティン・ハイランド」で有名なゲンティングループも東京を投資対象地と表明していますし、変わったところではカジノ・オーストリアが小樽を候補地として視察していたりもしています。

昨日の記事にも書きましたが、こうした大手資本の動きに浮かれ過ぎずに、きちんと日本側が手綱を曳いて日本に利益が循環するしくみを作ることが一番重要です。
ユーザーから見れば、とてつもなく見栄えのするカジノリゾートが誕生するのは嬉しい限りですが、ここで上がった収益が国外にばかり持って行かれたり、立地した行政区や住民に負担がかかり過ぎるといったことが無いよう、注視していく必要がありますね。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

あのマリーナ・ベイ・サンズを超えるホテルが、日本に誕生するかも!?

今やシンガポールの景観を代表するリゾートホテル・カジノとなった、天上の船のようなマリーナ・ベイ・サンズは皆さんもご存知だと思います。
シンガポール夜景
あの屋上にある船は下界を見下ろせるプールになっているのは、よく話題になってますよね。

世界最大のカジノ運営会社ラスベガス・サンズがシンガポールに進出して建てたのがマリーナ・ベイ・サンズです。
ラスベガスでは超豪華なベネチアン、更にマカオではサンズ・マカオ、本国をしのぐと言われるザ・ベネチアン・マカオを展開する、巨大カジノ運営会社です。

サンズが進出すると、とてつもなく洗練された、或いはゴージャスなランドマークが出来て行くというわけです。

そのサンズのシェルドン・アデルソン会長兼CEOが来日して昨日会見をした際、日本で100億ドル(うわ1兆円!!!)を投資する用意があると発言したわけです。
日本でカジノが解禁になったら、東京・大阪にマリーナ・ベイ・サンズを超えるカジノホテルが誕生するかも知れない、ということなんです。

日本でもようやくカジノ解禁に向けた法案が提出されましたが、今年の国会で健全な議論が進むことを期待したいです。
私はカジノほどスマートで健全な大人の遊びはないと考えています。何せ、賭けたお金以上にお金が無くなることは絶対にないんですから。
(本当の賭博・ギャンブルは、FXとか株式先物、商品先物、デリバティブみたいな、レバレッジが効いていて、一瞬にして賭け金の数十倍の損失を出す可能性のあるビジネスの方です。その賭博性を理解して参加するのは全く個人の自由ですが。)

いずれにせよ、カジノがきちんと産業として日本でも健全に成長することを期待してやみません。
日本が本格的に取り組めば、ゲームの面白さ、質の高いディーラー、ホスピタリティの高いホテル、健全なカジノ運営など、あらゆる面で世界一になる可能性が高くて、一大産業として興隆すると確信しているものですから。

日本にカジノリゾート、統合リゾートが出来たときに備えて、オンラインカジノでせっせと研鑚(けんさん)を積んで、出来れば資金も積んで行きたいものです。

日本へのカジノ投資額、必要ならいくらでも=ラスベガス・サンズ

[東京 24日 ロイター] – 米カジノ運営大手、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長兼最高経営責任者(CEO)は24日、日本へのカジノ投資について、必要ならいくらでも投じる考えを示した。

アデルソン氏は「100億ドル(約1兆円)を投じるかと聞かれれば『イエス』である一方、70億ドルですむならそうしたい」と語り、成功のためなら投資を惜しまない考えを示した。

都内で行われた会見で述べた。

サンズは、シンガポールで総合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」を含むカジノ運営で実績がある。将来日本でもカジノが解禁される可能性があるなか、サンズの取り組みが日本にとって好例になるとみられている。

CLSAは、東京、大阪の二大都市と10の地方都市でカジノが設立された場合、ゲーム産業から年間で総額400億ドル(約4兆円)の売り上げが期待できると試算した。その規模は米国(600億ドル)、マカオ(510億ドル)に次ぐ世界第3位となり、シンガポールの70億ドルを大きく引き離す見込み。雇用や地方公共団体の税収拡大への効果なども期待できると指摘している。

アデルソン氏は会見で、資金力の高さを強調。カジノ運営の競合他社は負債規模が大きいが、「必要ならわれわれは100億ドルを現金で払える。他のライバル会社にはできない」と、支払い能力の高さを強調した。

サンズにとって魅力的なロケーションは東京か大阪で、沖縄など「小規模な都市」ではないという。

日本のカジノ運営をめぐっては、海外の運営大手の日本への投資規模のほか、国内のどの企業と連携するかについても関心が高まっている。

アデルソン氏は、リスクを取る精神のあるところとなら連携を検討する、との意向を示した。これまでにサンズに連携を申し出た日本企業は2社あったという。ただ、サンズの時価総額は663億ドル(前週末時点、約6.6兆円)なのに対し、「申し出た日本企業の時価総額は合計で100億ドルにも満たない」(同氏)。

アデルソン氏は「彼らがわれわれについて行けるとは思えない。もっとも排除はしないし、オープンマインドでは行くが」と語った。

日本でカジノ運営は違法だが、昨年の臨時国会にカジノを合法化する法案が提出された。今年の通常国会での審議入りを経て、成立を目指している。カジノやホテルを運営する「総合型観光リゾート(IR)」を推進する超党派の議員連盟は加盟議員を増やし、法案成立を後押ししている。

ビジネス界の幹部らもIRを推進する協議会を立ち上げ、議長には日本総合研究所の寺島実郎理事長が就いた。ローソンの新浪剛史社長、サントリーホールディングス(大阪府)の鳥井信吾副社長などもメンバーとなっている。

【2014年2月24日 ロイター】

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ザ・べネチアン・マカオでのプロ第3戦  またもKO勝利 村田諒太が強い!

ロンドン五輪男子ミドル級金メダリスト、村田諒太さんが、プロ転向後の第3戦を昨日(2014年2月22日)行い、またもやKOで勝利しました。
その試合の場所は、あのザ・べネチアン・マカオです。

対戦相手は、ブラジルのカルロス・ナシメントでした。村田は序盤から多彩なパンチを繰り出して主導権を握り、3回に右アッパーでぐらつかせてから、左フックでダウンを奪い、4回開始直後には、連打で畳み掛けレフェリーが試合を止めました。とにかく圧倒的な勝利です。

オンラインカジノで練習して、本場のカジノに行くぞと思っている私が望んでいるのは、こういうタイミングでマカオツアーをすることです。

本国ラスベガスをしのぐと言われるザ・べネチアン・マカオに泊まって、カジノとショウを楽しみつつ、ボクシングの試合でも熱くなるっていうのが理想です。
ベネチアンでは選手の計量までもがイベントになっていました。

まだまだ、ブリトニー・スピアーズやセリーヌ・ディオンのショウを持っているラスベガスの方が、イベントのパワーでは上かも知れませんが、マカオもイベントに力を入れているのが分かりますね。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

マカオのカジノ コタイ地区でリスボア・パレス起工式

マカオは、世界一のカジノ都市になってもまだまだ成長を続けています。
マカオグランドリスボア

新しく壮大なカジノが続々と建設されているコタイ地区に、リスボアで有名なSJMグループが、
リスボア・パレスの起工式を2014年2月13日に行いました。開業は2017年になります。
マカオのカジノ

マカオ半島側が古くから栄えている地区で、大きく3つの地区に分かれます。

・マカオを代表する、リスボア、グランドリスボアのある最もカジノが集中する賑やかな地区
・香港からの高速船の発着するホンコンマカオフェリーターミナル(港澳客運碼頭)から徒歩圏内のエリア
・外港の埋立地に面するエリアで、サンズやバビロンなどの新設された注目のカジノが位置し、アミューズメント要素の強いスポット

コタイ地区は、マカオ国際空港のある、新たに開発されたエリアです。

・ギャラクシーマカオ(ギャラクシーホテル、ホテルオークラマカオ、バンヤンツリーの3つのホテルで形成、2011年に開業)
・ザ・ベネチアン・マカオのあるコロアネ島を臨むエリア

新たな開発地域、コタイ地区にまた壮麗なホテルが3年後には姿を見せることになります。

ちなみに、リスボア(葡京)とは「ポルトガルの首都」の意味ですが、グランド・リスボアは「上葡京」と書きます。
また、新たなマカオの象徴とも言えるカジノホテルが出現することになるのではないかと、今から楽しみです。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

世界のカジノ運営会社大手はラスベガスとマカオの7社

オンラインカジノで鍛えたあとは、世界のカジノに行って見るぞ、と思っている方のために、世界のカジノ運営大手がどんな顔ぶれかをご紹介します。
マカオグランドリスボア

今や世界トップのカジノ都市はマカオですが、その地のカジノの経営母体は、大きくは香港・中国資本とラスベガス資本、一つだけが豪資本です。

MGM、サンズ、ウィンはラスベガスからマカオに進出して、サンズ・マカオはマカオのカジノのトップを争っています。
マカオを本拠とするのが、SJM、ギャラクシー、クラウンですが、これらと合わせてマカオのカジノ群を形成しています。
これにマカオ進出をしていないシーザースを加えた7社が、世界のカジノ運営会社の最大手だと見て良いと思います。
クリックして戴くと拡大します。
世界のカジノ運営会社

日本がカジノ解禁になった場合には、恐らくこれらのうちのどこかが日本にも資本を投下して来ることになると思います。

ラスベガスやマカオのカジノに行こうと考える際に、どの資本系列がどんな運営傾向かを見て選ぶのも面白いかも知れません。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

レディ・ガガ、ブリトニー・スピアーズを絶賛

レディ・ガガ、ブリトニー・スピアーズを絶賛 という記事がMSNトピックス(2014年2月10日)に載っていました。
プラネットハリウッド

ブリトニー・スピアーズとレディ・ガガは非常に仲が良いようで、二人がステージで共演する日も近いかも知れません。

ガガはプラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノで行われた2月2日(日)の公演で、ブリトニーのマネージャーであるラリー・ラドルフのいるVIPエリアに仲間入りし、踊ったり投げキッスをしている姿が見られている。

ガガはツイッターでも「私とブリトニー。ブリトニーに拍手。@britneyspearsあなたのショーですごく楽しませてもらったわ」と投稿し、さらには自身のウェブサイトであるLittlemonsters.comにも宝石が散りばめられたセクシーな衣装に身を包んだブリトニーと一緒に写った写真をアップして、ブリトニーの父ジェイミー・スピアーズがおいしい料理まで振る舞ってくれたと明かしている。

「ブリトニーはとても美しかったし、ショーはすごく楽しかったわ。それにブリトニーのお父さんが最高のバーベキューを作ってくれたの」

2013年は、ガガがツイッターを通じて「その時が来た」とブリトニーとのデュエットを呼びかけており、今回のこの2人の対面で更にコラボに対する期待が高まってきている。
2年間にわたるラスベガスの長期公演のうち1ヵ月をこなしたところのブリトニーは、2013年に行われたライブのQ&Aセッションでガガとのコラボに興味があると明かしていた。
「レディ・ガガとのデュエットはしてみたいわね。とても楽しくなると思うの。彼女って人とはかなり異なってるし、興味深くて複雑な存在じゃない」
MSNトピックス(2014年2月10日)

ブリトニーのショウが、ラスベガスのチケット売上の史上最高額となった、というのが1月にニュースになっていましたが、彼女の公演は2年間の予定のうちの最初の1ヶ月を終えた段階、ということから大変な人気になっていることが覗えます。

 ブリトニーは昨年末、ラスベガスのプラネットハリウッド・リゾート&カジノで、長期公演ショーをスタート。同ショーのチケット売り上げは、すでにラスベガスで長期公演を行っているセリーヌ・ディオン、エルトン・ジョン、シャナイア・トウェイン、ロッド・スチュワートらの売り上げを超えたという。(鹿目直子通信員) (NIKKAN SPORTS.com 2014年1月27日)

ブリトニー・スピアーズさんのショウをやっているのが、プラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノです。
ブリトニーのショウとカジノでのプレイを両方満喫出来るといいですね。

本サイトでは、オンラインカジノに関するニュースのほか、オンラインカジノで練習して世界の主要カジノで華麗に遊ぼう、という趣旨で、カジノリゾートでのエンターテインメントに関するニュースも合わせて掲載して行きます。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村