安心できるオンラインカジノで楽しみながら稼ごう

実際にプレイした上で、安心しておすすめ出来るオンラインカジノをご紹介しつつ、楽しみながら稼ぐための情報を総合してご案内します。

海外では、カジノはクールで公正な大人の遊び場です。

ラスベガスなどは子供連れ、家族連れで楽しむ一大リゾートとなっていて、明るく華やかな場所です。
出張で何度もラスベガスを訪れた管理人から見ると、家族連れの楽しげな雰囲気が羨ましくて、
どれほど自分の家族を連れて行きたかったことでしょう(ー_ー)!!

ラスベガスのカジノの隆盛は、ギャングを排除する健全化に力を尽くした人々の努力が結実したものです。
この健全化、透明性が更に顧客・ファンを増やすことを、逆に不正の評判が一気に事業者を滅ぼすことを、
この業界の人々は骨身に沁みて知っています。

マサチューセッツ工科大学の学生達が、チームを組んでブラックジャックのカードカウンティングを行って
数億円の利益をあげていた、といったプレイヤー側の不正が話題になることはあっても、
カジノ事業者側の不正の話は聞いたことが無いのは、それをよく表しています。

日本の法律は、公営ギャンブル以外は違法としています。
しかし、パチンコは実態としてはギャンブルでありながら、これを例外的に認めるために、
勝利者に景品しか渡さないので「ただの娯楽です」という扱いをしています。

パチンコ店の隣にある景品交換所に行けば現金に換えて貰えるわけなので、実態はお金を賭けた
ギャンブルです。
それでいて、カジノは賭博だ、ギャンブルだと言ってマイナスイメージが植え付けられて来ました。

カジノは世界のビジネスとして見れば正当で巨大な娯楽産業で、監査方法や安全性を確保する方策は
世界標準が出来ています。
日本だけが公平性を確保する制度作りで後れを取っているのです。

だから、店舗で台の出玉を任意に操作できるパチンコの不公正性は一向に解消されません。
いずれ日本もこの後進性を脱することを期待しています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

オンラインカジノにも共通する安全性と公正性

一方、オンラインカジノ、ネットカジノは、1994年にイギリス連邦加盟国の一つの政府が、
オンラインカジノ事業者に正式なライセンスを与えたところから始まりました。

ゲームの充実と共に、プレイヤー保護やイカサマの運営者を排除するための規制体制の向上や、
監査基準の構築など、こちらも長い年月を経て安全に安心してプレイできる環境が整って来たのです。

本サイトでご紹介する32レッドカジノやウィリアムヒルなどは、当然ながら
設置国政府のライセンスを得て運営されてるだけでなく、共にロンドン株式市場に上場する優良企業です。
オンラインカジノで使用されているゲームの制作会社も、大手はロンドンやNASDAQ上場企業です。

本サイトでご紹介しているオンラインカジノは全て、設置国政府のライセンスのもとで運営されていて、
不正が入り込む余地はありません。
彼等は、厳正な監査を伴うライセンスで信用を高め、97-98%もの高い還元率を公表することで
顧客を増やして来たのです。

公正であるからこそ、攻略法や必勝法を調べたり考え抜くことに意味があります。
還元率が高いからこそ、コツコツ稼ぐことも、大きな当たりも楽しみにすることが出来ます。

本サイトでは、カジノやオンラインカジノは公平で安全な大人の娯楽だ、世界標準の娯楽を楽しみましょう、という考えのもと、
楽しみながら稼ぐ方法など、これらに関するあらゆる情報を総合的にご提供したいと考えています。

ポイント1
オンラインカジノは安全なの?
■□□□□
オンラインカジノの安全性

オンラインカジノを合法的に運営するには、運営会社の資金力、使用ゲームソフトウエアが公平性の監査済みであるか等、厳しい審査を経て設置国政府の正式なライセンス運営許可)を得なくてはなりません。

本サイトでおすすめしているオンラインカジノは全て正式ライセンスを取得していて、
安全性と公平性では疑いの余地がありません。

ライセンスについて詳しく知りたい方は↓こちらをご覧ください。

ポイント2
オンラインカジノで稼げる?
■■□□□
オンラインカジノ還元率ペイアウト
オンラインカジノの還元率ペイアウト率はどれくらいでしょうか。
還元率というのは、プレイヤーが賭けたお金に対して還元される比率、期待値をいいます。
日本で一番ポピュラーなパチンコや競馬、宝くじと比べると、オンラインカジノの還元率の高さが際立っています。
オンラインカジノペイアウト
オンラインカジノは建物やゲーム機などの設備が不要で、人件費も僅かで済むため還元率を高くすることが出来ます。
また、ペイアウト率の高さからユーザー・プレイヤーも増える好循環になっているんです。パチンコをやってる人がオンラインカジノのスロットで遊ぶと「結構当たる」という感想を持つのは、この還元率の違いです。

ルーレットやブラックジャックの攻略法や必勝法は、確率の考え方によるもので、勝てる確度は高いのです。
スロットは予測不能なので戦略は立てにくいですが、大当たりが出る時には傾向があるのと、
コツコツ稼ぐ人は引き際の見極めの達人であるのは確かです。

オンラインカジノとパチンコどっちが稼げる?

各ゲームの攻略法については、こちら↓の関連サイトをご覧ください。
ルーレット攻略法

ブラックジャック必勝法・攻略法

カジノスロット攻略法

ブラックジャックやルーレットのルールについては、ゲームルールをご覧ください。

ポイント3
おすすめのオンラインカジノは?
■■■□□
オンラインカジノ人気ランキング

おすすめしたいオンラインカジノは、関連サイト「オンラインカジノ情報」のオンラインカジノ人気ランキング記事をご覧ください。

オンラインカジノのサイトやサポートがきちんと日本語対応状況をしていることは、日本向けオンラインカジノとしてて一番重要だと私は考えています。一見日本語対応に見えていても、サイトの中に入って行くと英語になっていたり、サポートが英語だったりして、メゲてしまった経験があるからです。

次に、入出金については、相手先が海外であることから日本のサービスより手順が複雑になったり、時間がかかったりしますので、入出金の容易さも重要です。
また、出金上限が低く決められていたりしないか、ということも、もし大当たりを出した時にすぐに下ろせるかという点で、留意しておくべきことです。
そして重要なのが、稼ぎやすさです。
これらを基準として更に、スマホでプレイできるか、ジャックポット(大当たり)の頻度、世界のオンラインカジノユーザーの評価等、各サービスのアピールポイントを比較し、ランキング形式でご紹介しています。

ランキングの評価基準と比較結果と、個々のオンラインカジノの詳細説明も
↓こちらの記事でご覧いただけます。
オンラインカジノ人気ランキング 評価基準と比較結果

↓関連サイト「オンラインカジノ情報」

各オンラインカジノの登録手順

オンラインカジノの始め方は、こちらをご覧ください。
ドリームカジノの登録手順
ワイルドジャングルカジノの登録手順
ベラジョンカジノの登録手順
32レッドカジノの登録手順

オンラインカジノの入金・出金にネッテラーをおすすめするワケ

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

オンラインカジノとパチンコ どっちが稼げる?

オンラインカジノとパチンコを比較して、どっちが稼げるかを考えてみました。

パチンコの場合は店舗を構えて、人件費も設備費用もかかるので当然と言えば当然なんですが、
ペイアウト(還元率)は80%程度と言われます。

これに対して、オンラインカジノだと97%前後という高い還元率になっています。
パチンコに慣れた人がオンライカジノをやると、結構当たるね、という感想を持つ話をよく聞くのは このせいじゃないかと思います。
オンラインカジノとパチンコ

そして、最も大きな違いは、賞金の大きさです。
数十万円、数百万円、ときには数千万円、一億円といった大当たりが出るのがオンラインカジノの魅力です。

更に、このゲームをネットで楽しめるというのもオンラインカジノの大きなメリットです。
(逆に、リアルでカジノで遊びたいというときは、一番近くても韓国かマカオに行かないといけないですが)

パチンコ屋の雰囲気が好きで、近くにパチンコ屋があるっていう人でも、時間が取れないときは、自宅やスマホでゲームをしたくなると思うんですが、オンラインカジノなら遊び切れないほどのゲームが揃っていて、スマホでも遊べるベラジョンカジノや32レッドカジノといったサービスが揃っています。

ネットで遊べるパチンコだと、お金を賭けられないのと、ゲーム数も少ないので、欲求不満になってしまうのかなあと思います。

パチンコのスロットで鍛えた人は、きっとオンラインカジノのスロットで要領をつかむのが速いのだろうなあ、と思うと羨ましいです。

パチンコをネットでもプレイしたい、と思ったら是非オンラインカジノのスロットを試してみて下さい。
どこのオンラインカジノも無料プレイが出来るので、そこで感覚をつかんでから有料プレイに移っても良いと思います。

本サイトでオススメしているオンラインカジノは、サイトの右側でご紹介しています。
スロットを楽しむなら、オススメなのがこちらです。

ドリームカジノ公式サイトはこちら

ワイルドジャングルカジノ
ベラジョンカジノ
32レッドカジノ

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

日本のカジノ市場4兆円は過剰な期待? でも巨大産業パチンコをお忘れなく

ガジェット通信で「ろくす」さんが、「外国人も理解不能な日本のパチンコビジネス」と題して、海外の掲示板での日本のぱちんこの不思議に関するスレッドを紹介されてました。
034501

・実話:俺の継父が日本に行った時、パチンコ屋に行って36箱も出した。母が言うには、すごい人だかりができてたらしい。
「いくら勝ったの?」と尋ねたら
「キャンディーバーの束をくれただけよ」と、ため息混じりに答えた。
「ちょw 何色の包みだった? 金色じゃなかった?」
「そう、金とか銀とか」
彼は旅の間にそれらを全部食べてしまったが、古くなっててまずかったそうな。母にはその金色のバーの意味は言えなかったが、質素な継父が500ドル分のキャンディーバーをムシャムシャ食べている場面を思うと今でもニヤついてしまう。電車の中で取り出して食べてたとしたら、バカなガイジンだと思われてただろうね!

すぐ隣の景品交換所に行けば、その金色のキャンディーが結構な現金に交換出来ていたのに・・・。笑い話なのでしょうが、なんだか笑いにくい話です。
海外の人から見れば、パチンコはカジノにあるスロットに類似したゲームです。
大当たりしても貰えるのは現物、でも景品交換所でお金に交換できることを知ったら、彼等は本当に不思議に思うことでしょう。
「それって、結局カジノと同じギャンブルじゃないの。」「なんでそんな、まだらっこしいことするの?」

パチンコは民間が経営するため、官営賭博のように賭博罪の例外とすることが出来ず原則違法です。しかも、個別に台に手を加えることで当たりを調整出来ることから「公平性」を証明することも出来ません。そのままだと賭博罪に抵触してしまうので、それを避けるため、パチンコ店が顧客に渡すのは現金でなく“特殊景品”としています。

その景品を別の会社が運営する景品交換所に持ち込んで現金に交換できるようにする「パチンコ屋と景品交換所と景品問屋の3業者が関わる“三店方式”」は、表面的に賭博罪の違法適用を回避する苦肉の策で、客観的に見れば「パチンコは賭博・ギャンブルである」「カジノと本質は変わらない」ということになります。

さて、もう一方で日本のカジノ解禁よる市場規模は4兆円/年という数字を、フランスの大手投資銀行CLSAが出しています。(先日、サンズの会長が日本に一兆円の投資も辞さないと発言したカンファレンスを主催したのがこのCLSAです)

木曽崇さんがBLOGOS 2014年03月10日に寄稿されていて、この4兆円に対する疑問を投げかけられていました。

市場規模 カジノ軒数 平均売上/軒
■米国   6兆円  930軒 65億円
■マカオ  5兆円   35軒 1,429億円
■日本(CLSA予測) 4兆円 10軒 4,000億円

世界最大規模の売上を誇るベネチアン・マカオでさえ3,500億円の売り上げなのに対して、日本で想定されるカジノ10軒全てが、それ以上の売上を上げないと成り立たない計算になり、これはいかにも数字を大きく作り過ぎ、というわけです。全くもってその通りですね。

ここで、また日本のギャンブル市場の表をお見せします。
日本のギャンブル市場

20兆円のパチンコ産業を見ただけで、日本が世界最大のギャンブル大国だというのがお分かり頂けるのではないでしょうか。

この、巨大産業のパチンコを合法ともせず宙ぶらりんの状態にして、地域を限ってカジノを解禁する、という方法を取ってしまうと、日本のカジノ産業は、だかだか1.5兆円程度の産業というのが現実です。

日本のお家芸ともうべき「標準化」という言葉がありますが、あらゆる製品を規格化し、標準化することで生産効率と性能と価格をバランスさせて、輸出産業を育てて来たのが日本です。

ことギャンブルに関しては、この標準化とは全く正反対の動きをしてきたと言えます。日本国内でしか通用しない巨大産業が日の目を見ずにここまで育っていたわけです。ここに注がれてきたエネルギーと叡智を世界標準の「カジノ」に注いだら、日本が「カジノ」産業で世界のトップに躍り出て輸出産業にまで育てていくことが出来るのではないでしょうか。
シンガポール夜景

地域を限って解放といった小手先のカジノ解禁では、せいぜい生み出せるのは1.5兆円です。日本のギャンブル産業全体を見据えて「世界標準のカジノ」に取り組めば、20兆円には留まらない巨大産業になっていくはずです。

そして、ユーザーとしての日本人がカジノに馴染むと、世界のどこに行っても物怖じせずにカジノで華麗にプレイが出来るようになります。
日本のカジノでプレイするのも後ろめたさはなく、お金のマネジメントが出来る大人として、楽しむ場を持てるようになるのではないでしょうか。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

日本のパチンコ・カジノ関連企業の動きをまとめてみました

日本のカジノ合法化の動きの中で、これまでパチンコ業界がカジノをライバル視して警戒する動きは、目立ったものがありませんでした。

ぱちんこジャーナリストのPOKKA吉田さんが2014年3月8日BLOGOSに、カジノとぱちんこは「競合」するか、と題して寄稿されていて、
パチンコ業者にとって、当初カジノは顧客を奪う存在とみられていたけれど、最近はその声が小さい、と言っておられます。

何故かというと、日本のパチンコ関連企業はカジノ関連株として株価も上がり、着々とカジノ合法化に備えた事業展開を行っているから、というわけなんです。

私もここ数ヶ月で、パチンコ関連企業などがカジノ関連事業への投資の動きが報じられていたものをまとめてみました。
クリックして戴けると拡大します。
日本のカジノ関連企業

一番下のHISは旅行会社なのでパチンコと関係ありませんが、日本企業で具体的にカジノを実業・事業として捉えて積極的な展開を図っている企業は、ほぼこれくらいではないかと思います。(オーイズミや日本金銭機械は、単に株価上昇期待されて話題になっただけで、主体的な投資の動きがニュースになったわけではありません)

実際にカジノ事業への出資となると、大手商社、大手不動産デベロッパー、電通、フジテレビといった名前が挙がって来ると思いますが、カジノ実務・実業を手掛けようとしている会社は、ユニバーサルエンターテインメント、セガサミー、コナミ、ダイナム、マルハンのパチンコ関連企業の他は、ハウステンボスを再建したHISの5社ではないかと思います。

それにしても、ユニバーサルエンターテインメントの創業者岡田和生氏は、ウィン・リゾーツと係争中とはいえ、ウィン・ラスベガスの副会長の座についた経営者なわけで、日本のカジノ事業の先駆けであり且つ大成功者と言って良いと思います。

また、シンガポール政府投資公社がセガサミーの第7位の株主にまでなっているのは、カジノ解禁でセガサミーが成長すると見込んでいるのではないでしょうか。

カジノの実業を苦労して先に手掛けた企業が成功して、パチンコを含めた合法化・健全化が、かえってパチンコ・カジノ産業、ギャンブル産業を成長させ、日本にも富をもたらしてくれることを期待したいところです。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

日本でのカジノ合法化、カジノリゾートの意義

カジノ法案、経済活性化へ周到な戦略を、というタイトルで、ライブドアの経営再建をされて有名になった平松庚三さんが
SankeiBizのコラム(2014年3月6日)に投稿されていました。

シンガポールでのIR(カジノリゾート)を例に取り、成功の要因は、カジノを表には出さず地下に隠し、外国人観光客をカジノに誘致したことだ、カジノは決して自国の国民を喜ばすためのものではない、日本も周到な戦略を、と言っておられました。
シンガポール夜景

周到な用意が必要、という趣旨には全く賛成ですが、2つだけちょっと違うかなと思った点があったので、ご紹介します。

■シンガポールが「カジノを表には出さず地下に隠し」ている・・・?
カジノに対してマイナスイメージを持たされてきたのは日本人だけです。カジノは健全な大人の遊び場だと分かっている海外の人に、カジノを「隠す」必要はありません。シンガポールは堂々とカジノを前面に出しています。ラスベガスに家族連れが多いのは、カジノにマイナスイメージなど持っていないからです。

何度もラスベガスに出張に行きましたが、あの家族連れの楽しげな様子を見て、痛いほど「仕事じゃなくて家族を連れて来たい」と思ったものです。

■カジノは「自国の国民を喜ばすためのものではない」・・・・?

日本は世界に冠たるギャンブル大国です。
日本のギャンブル市場

パチンコだけを見ても年20兆円レベルの売上があり、1100万人の利用者が居ます。この売上だけでもマカオの4-5倍の規模です。
実は、日本人は大のギャンブル好きです。

日本では、ギャンブルは公営のもの以外は原則的に違法ですが、パチンコはこの例外として認められています。
ただ、パチンコ台に手を加えることで当たりを操作することが出来る、という点で絶対的な公平性を唱えることが出来ないため、
苦肉の策としてパチンコ店で渡せるのは商品だけ、としてなんとかグレーだけど風俗営業法上やっていい、という状態を作り出しています。

このパチンコ産業が、カジノに衣替えをしたらどうなるでしょう。

監査機関が常にカジノ自体とそこで使用されるゲームの公平性をチェックするので、ゲーム台に手を加えることなど出来ません。
健全極まりないゲーム場、ローカルカジノに様変わりします。

そこで働くのは、日本で教育された優秀なディーラー達です。

使用されるゲームは、日本のゲーム機メーカーが腕によりをかけて作ったカジノゲームで、これが輸出産業にもなって行きます。

もうちょっと華やかな場所でプレイしたいと思えば、政府が認可した数か所の大型カジノリゾートに足を延ばします。
プレイ内容は、地域にある小カジノと同様なので、大いにプレイを楽しむことが出来ます。
そして一緒に家族を連れて行きます。子供たちや奥さんも楽しめるエンターテインメントが沢山揃っていて、夜は夫婦でちょっと気取った格好でカジノに興じます。そこには外国人観光客も一杯来ていて、国際的な雰囲気です。

私が抱くカジノ合法化のイメージは、パチンコも合わせた合法化・健全化です。

こんな状態になれば、カジノは日本人のエンターテインメントとして日本人を楽しませることも、国内産業、観光産業、輸出産業としても日本経済を潤してくれるのではないでしょうか。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

Vプリカが使えるオンラインカジノはベラジョンカジノ

Vプリカが使えるオンラインカジノは、ベラジョンカジノです。

ベラジョンカジノは入金方法としてVISAカードが使えるんですが、VプリカもVISAカードの一つなんです。
Vプリカ1
オンラインカジノへの入金方法については、本サイトでオススメしている安心・信頼のオンラインカジノについて、まとめた表をご覧下さい。
入出金方法一覧

下から2行目にクレジットカードの項目を置いて、直接入金がOKなオンラインカジノに○△を付けて緑色に塗ってあります。
その他の行で緑色の欄があるのは、ネッテラーやSkrill、エントロペイなどの口座に対してクレジットカード入金が出来る、という意味合いです。

オンラインカジノとして直接クレジットカードで入金出来ますと言ってしているのは、ベラジョンカジノ、32レッドカジノ、DORA麻雀です。

ベラジョンについては、明確にVISAカードOKとしていて、多くの方がVISAカードの他にVプリカを利用されていて実証済みです。
(32レッドカジノ、DORA麻雀も直接入金可能なカードにVISAが含まれているのでイケるかも知れません。まだ試せてないので、試したらまたご報告しますね。)

本サイトでは、入金だけ出来ても、勝ったお金を下ろすわけなので、入金も出金も容易なネッテラーをイチオシにしているわけですが、
■出金は後から考えればいいや、先ずはプレイしてみようとお考えの方とか
■プレイ中にちょっと資金を足したい、といった場合に
カード入金は確かに使えるかと思います。

Vプリカのメリット

●クレジットカードを持つこと自体 手続きが面倒とか、審査が通らないかも知れないとか
●クレジットカードは使い過ぎるので現金だけにする
●クレジットカードの履歴を残したくない・・・お小遣いの使い道を知られたくないお父さんとか(^_^.)
といった事情がある場合に、かなりイケてると思います。

Vプリカは、コンビニで現金を払って仮想プリペイドカードを発行して貰う、というもので、
実際にプラスチックのカードが発行されるわけではないんですが、ネット上で買い物をするときなど、
クレジットカードのように使えるカードです。

もっと言えば、デビットカード(銀行口座にある残高の範囲でカードで支払いが出来る)が一番近いイメージかと思います。

Vプリカの購入方法

購入は簡単です。Vプリカの公式サイトはこちらです。

Vプリカを手に入れるには、先にコンビニで支払ってからアカウントを開設しても良いですし、先にアカウントを開設してからコンビニで支払っても良いです。
要は、コンビニで支払をしたときに発行される「発行コード」が重要で、これをMyページで入力するとVプリカが有効になるわけです。

<先にアカウント開設をしてからコンビニで支払をする方法>
STEP1:アカウント開設
上記のサイトから行います。メールアドレスを入れて、返信が来たら、名前やパスワード等の情報を入れて登録完了すると
ログインIDのお知らせが来ます。自分で決めたパスワードと合わせて控えておきます。

STEP2:そのまま、ネット上で支払手続に進む
支払方法としてコンビニで支払っても良いですし、クレジットカードやペイジーでも支払が出来ます。
コンビニなどで支払ったら、発行コードが貰えるので、これをMyページで入力するとVプリカが有効になります。
Vプリカ支払

<先にコンビニで支払を済ませる方法>
STEP1:コンビニで先に支払を済ませてVプリカ発行コードを貰う
Vプリカ支払4

STEP2:ネットからアカウント開設をして、コンビニで発行された発行コードを入れてVプリカを有効にする
Vプリカ支払5

ここまで来れば、晴れてVプリカがゲット出来ます。
Vプリカ支払3

***********************************************

あとは、ベラジョンカジノの入金手続きでカードを選んで、Vプリカのカード番号を入れれば入金完了です。

最初は入金だけでも、後で出金が必要になるので、是非ネッテラーの口座開設も進めておいてくださいね。
ネッテラー関連記事
本サイトでご紹介している優良なオンラインカジノは、還元率が97%というレベルです。負ける月もあるかも知れませんが、同じ位の比率で勝てる月もあるはずなので。

こちらのサイトから登録すると、便利なマニュアルが貰えるのと、ボーナス特典もあるので是非覗いてみて下さい。
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

オンラインカジノ情報にも関連情報がいろいろあります。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村