「日本版カジノのすべて」(日本実業出版社)木曽崇でカジノ統合型リゾートが分かる

カジノ研究所所長の木曽崇さんの著作「日本版カジノのすべて」が9月26日発刊されます

カジノ合法化統合型リゾートのゆくえが秋の国会で決まる見通しですが、タイムリーに
カジノ研究所所長の木曽崇さんが、カジノカジノのしくみや経済効果、ビジネス、統合型リゾートについて解説した
日本版カジノのすべて」を日本実業出版社から発刊します。(2014年9月26日発刊)

木曽崇さんは、ネバダ大学ラスベガス校ホテル経営学部でカジノ経営学を専攻、首席で卒業されました。
カジノ経営は米国では経営学の一分野として立派な学問になっているんですね。
米国大手カジノ事業者グループでの会計監査職を経て、国際カジノ研究所を設立した日本で数少ないカジノ専門家です。

本サイトでもBROGOSなどのネット媒体での木曽崇さんの投稿内容をご紹介していますが、
日本カジノの在り方についての提言は、カジノ合法化ありきではなく、反対論を公平に取り上げ、議論を深める姿勢が素晴らしいです。

注目の日本版カジノの動向や、世界の現状、カジノ導入のメリットデメリット、経済効果までを網羅しています。
日本人に根強く植え付けられた「カジノは賭博」というイメージの背景を解き明かし、客観性の高いデータを交えて説明していて
展示会や統合リゾート(IR)関係者にとってもわかりやすい「カジノ入門書」となっています。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ にほんブログ村