日本のパチンコ・カジノ関連企業の動きをまとめてみました

日本のカジノ合法化の動きの中で、これまでパチンコ業界がカジノをライバル視して警戒する動きは、目立ったものがありませんでした。

ぱちんこジャーナリストのPOKKA吉田さんが2014年3月8日BLOGOSに、カジノとぱちんこは「競合」するか、と題して寄稿されていて、
パチンコ業者にとって、当初カジノは顧客を奪う存在とみられていたけれど、最近はその声が小さい、と言っておられます。

何故かというと、日本のパチンコ関連企業はカジノ関連株として株価も上がり、着々とカジノ合法化に備えた事業展開を行っているから、というわけなんです。

私もここ数ヶ月で、パチンコ関連企業などがカジノ関連事業への投資の動きが報じられていたものをまとめてみました。
クリックして戴けると拡大します。
日本のカジノ関連企業

一番下のHISは旅行会社なのでパチンコと関係ありませんが、日本企業で具体的にカジノを実業・事業として捉えて積極的な展開を図っている企業は、ほぼこれくらいではないかと思います。(オーイズミや日本金銭機械は、単に株価上昇期待されて話題になっただけで、主体的な投資の動きがニュースになったわけではありません)

実際にカジノ事業への出資となると、大手商社、大手不動産デベロッパー、電通、フジテレビといった名前が挙がって来ると思いますが、カジノ実務・実業を手掛けようとしている会社は、ユニバーサルエンターテインメント、セガサミー、コナミ、ダイナム、マルハンのパチンコ関連企業の他は、ハウステンボスを再建したHISの5社ではないかと思います。

それにしても、ユニバーサルエンターテインメントの創業者岡田和生氏は、ウィン・リゾーツと係争中とはいえ、ウィン・ラスベガスの副会長の座についた経営者なわけで、日本のカジノ事業の先駆けであり且つ大成功者と言って良いと思います。

また、シンガポール政府投資公社がセガサミーの第7位の株主にまでなっているのは、カジノ解禁でセガサミーが成長すると見込んでいるのではないでしょうか。

カジノの実業を苦労して先に手掛けた企業が成功して、パチンコを含めた合法化・健全化が、かえってパチンコ・カジノ産業、ギャンブル産業を成長させ、日本にも富をもたらしてくれることを期待したいところです。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村


コメントを残す