日本にカジノを作るのは良いこと?悪いこと? 週刊リテラシー(東京MXテレビ)

日本にカジノを作るのは良いこと?悪いこと?東京MXTV 週刊リテラシー

昨日(2014年5月17日)の東京MXテレビ週刊リテラシー
鈴木奈々の「わかんないから聞いちゃいました!」コーナーで、
日本にカジノを作るのは良いこと?悪いこと? をやってました。
週刊リテラシー5月17日

今年1月に設立されたカジノ産業の研究を進める「ロケーション・エンタテインメント学会」
(通称カジノ学会)の副会長を務める金沢工大コンテンツ&テクノロジー融合研究所所長の
北谷賢司教授が、これに答えていました。

元々、北谷教授は「観光の競争力強化にカジノは不可欠だ」と述べ、カジノを 核にした
外国人観光客の誘致や地域振興に意欲的な方です。

日本にカジノを作るのは良いこと:北谷教授

賭博は刑法では違法とされているため、刑法解釈でどう合法化するかが課題。
5-6月にはカジノ法案が国会で審議される。

経済効果

マカオ、シンガポールのカジノは海外からの観光客が増えた。
中国系、ベトナム系の人々のカジノ需要は大きい。
IR(総合リゾート)として、3000人クラスのホテルや劇場が
併設され、日本でも経済効果が期待できる。

犯罪増加の危険性は無い:ネバダ州カジノ法ライセンス

健全なカジノ経営の典型はシンガポール。
IDカードがないとカジノに入れない。不適格者を排除。
欧米カジノ運営企業を入れるとネバダ州カジノ法ライセンスにより、
犯罪者、マフィアが入る余地が無い

欧米系のカジノ運営会社には、犯罪グループは入れない。
ネバダ州のカジノ法に基くライセンスで運営されているため。
運営企業について犯罪関与者が5親等にいないかを
チェックされるため、犯罪者が入る余地が無い。

カジノ合法化の是非について意見を求められた、ゲストの
国際NGOグリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一さんの発言が光っていました。
「福島の廃炉処理、地震源の上に立つ原子力発電をどうするかを明確にしないままでは
観光客誘致はおぼつかない。
海外では、この事態になっても原発を再稼働をしようとする日本政府は不信感を持たれている。
また、巨大な産業が地方に誘致されると、それに頼って、それ以外の産業が衰える問題も
考える必要がある。」

鈴木奈々さんは、北谷教授の説明に納得して、
「安全で経済効果が高いならカジノに賛成になってきた」そうです。
(グリーンピース佐藤さんの話が耳に入ってない様子が笑いを誘っていました)

北谷教授の話は、
ネバダ州のカジノ法に基くライセンスの厳しさが良く分かる話でした。
オンラインカジノが設置国政府の厳格な審査を経てライセンスを貰うのと同様ですね。

それから、「日本ではカジノは違法」というとき、
根源的な悪と、行政的な都合での規制 をごっちゃにして理解している人がいるので要注意です。

根源的な悪は、人の命や財産を奪ったりする、どの時代にも普遍的な悪です。
車が道路を走るときに右側を通らなかったら罰を受けるのは、根源的な悪を働いたからではありません。
その社会が決めたルールに違反しただけです。そのルールは、法律で変えることが出来るわけです。

「カジノが違法」なのは、たまたま日本だけのルールに過ぎません。
くれぐれもこれを「根源的な悪」と勘違いしないで下さいね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

余談ですが、グリーンピースは国連が認める団体になっていて、
彼等が行う海洋調査は高く評価されてその結果が採用されるのに対し、
日本政府はグリーンピースによる福島沿岸海域の汚染調査は禁止しているそうです。

グリーンピースの海洋調査を拒絶しているのは、世界でも日本だけだそうです。
日本政府は余程、正確な調査をされると困るのでしょうね。

日本ではマスコミも意図的にグリーンピースをシーシェパードのような
過激な環境団体と一緒くたにして扱うため、
グリーンピースの主張が知らされることがない、という話をしていました。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ にほんブログ村

[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
[`newsing` not found]

コメントを残す