カジノ合法化を「成長戦略の目玉」に…安倍総理

カジノ合法化を「成長戦略の目玉」に…安倍総理
テレ朝News 2014年6月10日 カジノ法案のゆくえは・・

安倍総理が5月下旬にシンガポールのカジノリゾート視察の際に、
日本でのカジノリゾート整備に並々ならぬ意欲を示したことが報じられて
カジノ法案のゆくえが注目を集めつつあります。

東京MXテレビ以外で、テレビ局がカジノ合法化の話題を取り上げるのは
非常に希なことですが、昨日テレビ朝日がカジノ法案の話題を取り上げていました。

(政治部・平元真太郎記者報告)
 安倍総理の強い意向を受けて、11日から審議入りする見通しのカジノ法案ですが、
成立までの道は見通せていません。
      
 菅官房長官:「観光振興、地域振興、産業振興等に資することを大いに期待したい」
 安倍総理は、今月下旬に「新成長戦略」をまとめますが、それに先駆けて、
経済効果が大きいとされるカジノ法案を成立させ、経済成長にかける本気度を示す狙いがあります。
      
ただ、この法案を通すのは容易ではありません。
      
参議院では、法案を審議する内閣委員会の委員長ポストを民主党が握っているため、
強引に進めようとすれば廃案にされてしまうリスクを含みます。
ある自民党幹部は「やろうと思えば何でもできる」と述べ、
一部からは委員長解任という荒業も聞こえてきます。
      
成立に向けて突き進むという賭けに打って出るのか、
自民党は10日にも最終判断する方針です。

ちょうど、自民党の動きについては、北海道新聞が報じていて
秋の臨時国会でのカジノ法案の成立を目指す方向になったようです。

カジノ法 今国会成立見送り方針 政府・自民(06/10 10:43)
 政府・自民党は9日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備を促す
「特定複合観光施設区域整備法案」について、今国会での成立を見送る方針を決めた。
カジノ導入による治安悪化などを懸念する連立与党の公明党の慎重姿勢を考慮し、
秋の臨時国会での成立を目指す。複数の政権幹部が明らかにした。

 法案は、IR整備を集中的に進めるため首相を本部長とする推進本部を設置し、
法成立から1年以内に施設整備に向けた関連法を定めることを義務づける内容。
<北海道新聞6月10日朝刊掲載>

2020年の東京オリンピックにカジノリゾート開業を間に合わせるには、
今年にはカジノ法案が成立していないといけない、ということもあり、
今後の動きが気になるところです。
      
      
お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ にほんブログ村


コメントを残す