オンラインカジノ急成長で米国カジノが衰退?

「カジノの経済効果は不透明  共食いでは意味がない」と題して
鳥畑与一 静岡大学人文社会科学部経済学科教授がWedge(2014年10月8日)に寄稿しています。

今年1月以降、米国アトランティック・シティでカジノが次々と閉鎖されたのは、
ライセンス乱発による過当競争によるものと伝えています。

カジノが地域振興の「魔法の杖」ではなかった現実が、いま米国で顕在化している。
ラスベガスと並んでカジノによる繁栄の象徴とされてきたアトランティック・シティで、
1月の「アトランティック・クラブ」閉鎖を皮切りに、3分の1のカジノが閉鎖というドミノ現象が起きたのである。

貧しい地方の街がカジノで復興した象徴とされたトゥニカ(ミシシッピー州)でも、今年6月に街最大の「ハラス」が閉鎖した。
カジノ依存の地域振興の危険性が、いま全米各地で噴出しているのである。

 この背景には、カジノ拡大による競争激化がある。アトランティック・シティの顧客は、約90%がマイカー等の陸路経由であるため、
ニューヨーク州など周辺州のカジノ合法化で市場を失い、06年52億ドルから13年29億ドルへと収益が激減している。

しかしより大きな背景には米国カジノ市場の飽和化と構造変化があるとされる。
リーマンショック以降、米国カジノの収益が停滞する一方で、税収増を狙った州政府がライセンスを乱発することで
カジノ数が増加し過当競争に拍車がかかってきた。

さらにはオンライン型カジノの急成長で従来のカジノそのものが衰退産業化しているとも指摘されている。

ここで注目されるのは、アメリカでもオンラインカジノやネットゲームが普及して
ランドカジノが衰退しているという指摘がある、という話です。

もともとアメリカにはオンラインカジノ禁止法があって、基本的にオンライカジノは禁止されているんですが
2012年には、コロンビア州、ネバダ州、ニュージャージー州、アイオワ州が一斉に合法化に向けた準備を始めて
いると伝えられ、ネバダ州などは既に州内限定でプレイできるオンラインカジノが認められて運用が開始されているようです。

オンラインカジノ人気が米国でも高まっている様子がうかがえて、オンラインカジノのファンとしては興味深いところです。

鳥畑教授の記事の論点はオンラインカジノにあるわけではなく、

カジノリゾートが儲かるといってライセンスを乱発すると過当競争になる可能性がある、
カジノの収益は顧客の負け金で、その分だけ地域の購買力が落ちるカニバリゼーション(共食い)が発生する懸念があるため、
外国顧客に期待するところだけれど、中国VIP顧客が韓国仁川や済州島、台湾などの新規建設IRに奪われる可能性も
考えねばいけない、

という真っ当な議論が、この記事の本旨です。

ギャンブル依存症に対する十分な対策を講じた上で、収益性の高いカジノリゾートが日本に生まれ
カジノが日本でも大人の娯楽として認められることを期待しています。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ にほんブログ村

「日本版カジノのすべて」(日本実業出版社)木曽崇でカジノ統合型リゾートが分かる

カジノ研究所所長の木曽崇さんの著作「日本版カジノのすべて」が9月26日発刊されます

カジノ合法化統合型リゾートのゆくえが秋の国会で決まる見通しですが、タイムリーに
カジノ研究所所長の木曽崇さんが、カジノカジノのしくみや経済効果、ビジネス、統合型リゾートについて解説した
日本版カジノのすべて」を日本実業出版社から発刊します。(2014年9月26日発刊)

木曽崇さんは、ネバダ大学ラスベガス校ホテル経営学部でカジノ経営学を専攻、首席で卒業されました。
カジノ経営は米国では経営学の一分野として立派な学問になっているんですね。
米国大手カジノ事業者グループでの会計監査職を経て、国際カジノ研究所を設立した日本で数少ないカジノ専門家です。

本サイトでもBROGOSなどのネット媒体での木曽崇さんの投稿内容をご紹介していますが、
日本カジノの在り方についての提言は、カジノ合法化ありきではなく、反対論を公平に取り上げ、議論を深める姿勢が素晴らしいです。

注目の日本版カジノの動向や、世界の現状、カジノ導入のメリットデメリット、経済効果までを網羅しています。
日本人に根強く植え付けられた「カジノは賭博」というイメージの背景を解き明かし、客観性の高いデータを交えて説明していて
展示会や統合リゾート(IR)関係者にとってもわかりやすい「カジノ入門書」となっています。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ にほんブログ村

日本にカジノを作るのは良いこと?悪いこと? 週刊リテラシー(東京MXテレビ)

日本にカジノを作るのは良いこと?悪いこと?東京MXTV 週刊リテラシー

昨日(2014年5月17日)の東京MXテレビ週刊リテラシー
鈴木奈々の「わかんないから聞いちゃいました!」コーナーで、
日本にカジノを作るのは良いこと?悪いこと? をやってました。
週刊リテラシー5月17日

今年1月に設立されたカジノ産業の研究を進める「ロケーション・エンタテインメント学会」
(通称カジノ学会)の副会長を務める金沢工大コンテンツ&テクノロジー融合研究所所長の
北谷賢司教授が、これに答えていました。

元々、北谷教授は「観光の競争力強化にカジノは不可欠だ」と述べ、カジノを 核にした
外国人観光客の誘致や地域振興に意欲的な方です。

日本にカジノを作るのは良いこと:北谷教授

賭博は刑法では違法とされているため、刑法解釈でどう合法化するかが課題。
5-6月にはカジノ法案が国会で審議される。

経済効果

マカオ、シンガポールのカジノは海外からの観光客が増えた。
中国系、ベトナム系の人々のカジノ需要は大きい。
IR(総合リゾート)として、3000人クラスのホテルや劇場が
併設され、日本でも経済効果が期待できる。

犯罪増加の危険性は無い:ネバダ州カジノ法ライセンス

健全なカジノ経営の典型はシンガポール。
IDカードがないとカジノに入れない。不適格者を排除。
欧米カジノ運営企業を入れるとネバダ州カジノ法ライセンスにより、
犯罪者、マフィアが入る余地が無い

欧米系のカジノ運営会社には、犯罪グループは入れない。
ネバダ州のカジノ法に基くライセンスで運営されているため。
運営企業について犯罪関与者が5親等にいないかを
チェックされるため、犯罪者が入る余地が無い。

カジノ合法化の是非について意見を求められた、ゲストの
国際NGOグリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一さんの発言が光っていました。
「福島の廃炉処理、地震源の上に立つ原子力発電をどうするかを明確にしないままでは
観光客誘致はおぼつかない。
海外では、この事態になっても原発を再稼働をしようとする日本政府は不信感を持たれている。
また、巨大な産業が地方に誘致されると、それに頼って、それ以外の産業が衰える問題も
考える必要がある。」

鈴木奈々さんは、北谷教授の説明に納得して、
「安全で経済効果が高いならカジノに賛成になってきた」そうです。
(グリーンピース佐藤さんの話が耳に入ってない様子が笑いを誘っていました)

北谷教授の話は、
ネバダ州のカジノ法に基くライセンスの厳しさが良く分かる話でした。
オンラインカジノが設置国政府の厳格な審査を経てライセンスを貰うのと同様ですね。

それから、「日本ではカジノは違法」というとき、
根源的な悪と、行政的な都合での規制 をごっちゃにして理解している人がいるので要注意です。

根源的な悪は、人の命や財産を奪ったりする、どの時代にも普遍的な悪です。
車が道路を走るときに右側を通らなかったら罰を受けるのは、根源的な悪を働いたからではありません。
その社会が決めたルールに違反しただけです。そのルールは、法律で変えることが出来るわけです。

「カジノが違法」なのは、たまたま日本だけのルールに過ぎません。
くれぐれもこれを「根源的な悪」と勘違いしないで下さいね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

余談ですが、グリーンピースは国連が認める団体になっていて、
彼等が行う海洋調査は高く評価されてその結果が採用されるのに対し、
日本政府はグリーンピースによる福島沿岸海域の汚染調査は禁止しているそうです。

グリーンピースの海洋調査を拒絶しているのは、世界でも日本だけだそうです。
日本政府は余程、正確な調査をされると困るのでしょうね。

日本ではマスコミも意図的にグリーンピースをシーシェパードのような
過激な環境団体と一緒くたにして扱うため、
グリーンピースの主張が知らされることがない、という話をしていました。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ にほんブログ村

マカオのカジノ コタイ地区でリスボア・パレス起工式

マカオは、世界一のカジノ都市になってもまだまだ成長を続けています。
マカオグランドリスボア

新しく壮大なカジノが続々と建設されているコタイ地区に、リスボアで有名なSJMグループが、
リスボア・パレスの起工式を2014年2月13日に行いました。開業は2017年になります。
マカオのカジノ

マカオ半島側が古くから栄えている地区で、大きく3つの地区に分かれます。

・マカオを代表する、リスボア、グランドリスボアのある最もカジノが集中する賑やかな地区
・香港からの高速船の発着するホンコンマカオフェリーターミナル(港澳客運碼頭)から徒歩圏内のエリア
・外港の埋立地に面するエリアで、サンズやバビロンなどの新設された注目のカジノが位置し、アミューズメント要素の強いスポット

コタイ地区は、マカオ国際空港のある、新たに開発されたエリアです。

・ギャラクシーマカオ(ギャラクシーホテル、ホテルオークラマカオ、バンヤンツリーの3つのホテルで形成、2011年に開業)
・ザ・ベネチアン・マカオのあるコロアネ島を臨むエリア

新たな開発地域、コタイ地区にまた壮麗なホテルが3年後には姿を見せることになります。

ちなみに、リスボア(葡京)とは「ポルトガルの首都」の意味ですが、グランド・リスボアは「上葡京」と書きます。
また、新たなマカオの象徴とも言えるカジノホテルが出現することになるのではないかと、今から楽しみです。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

世界のカジノ運営会社大手はラスベガスとマカオの7社

オンラインカジノで鍛えたあとは、世界のカジノに行って見るぞ、と思っている方のために、世界のカジノ運営大手がどんな顔ぶれかをご紹介します。
マカオグランドリスボア

今や世界トップのカジノ都市はマカオですが、その地のカジノの経営母体は、大きくは香港・中国資本とラスベガス資本、一つだけが豪資本です。

MGM、サンズ、ウィンはラスベガスからマカオに進出して、サンズ・マカオはマカオのカジノのトップを争っています。
マカオを本拠とするのが、SJM、ギャラクシー、クラウンですが、これらと合わせてマカオのカジノ群を形成しています。
これにマカオ進出をしていないシーザースを加えた7社が、世界のカジノ運営会社の最大手だと見て良いと思います。
クリックして戴くと拡大します。
世界のカジノ運営会社

日本がカジノ解禁になった場合には、恐らくこれらのうちのどこかが日本にも資本を投下して来ることになると思います。

ラスベガスやマカオのカジノに行こうと考える際に、どの資本系列がどんな運営傾向かを見て選ぶのも面白いかも知れません。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村