ヤマダ電機のオンラインカジノ参入はリアルカジノへの布石か ヤマダカジノを試してみた

ヤマダ電機が、カジノ法案の年内通過を見越してか、何と
オンラインカジノのサービスを始めました。

22日にオープンした「ヤマダカジノ&オークション」です。
ヤマダ オンラインカジノ

ヤマダがオンラインカジノを始めた背景と影響について、
日刊サイゾーの記事が面白かったので、今日はその話題です。

海外に運営拠点を置くオンラインカジノについては、もう数年前から
多くの日本人が海外のサーバーに接続して現金を賭けたプレイを楽しみ、
1億円、数千万円、数百万円という賞金を獲得しています。

設置国の正式ライセンスの元で合法的に運営されているので
日本から海外のオンラインカジノで現金を賭けてプレイしても
違法とされた例はありません。

日刊サイゾーの記事ではオンラインカジノのリスクについては
法的にグレーなことと、所得税の支払いを免れないとしています。

「まずは法的にグレーであること。今日まで摘発されていませんが、
法の運用によっては“犯罪者”になってしまう可能性が拭いきれません。

また、
入出金が非常に面倒なうえ、円相場に影響を受けやすいことも
デメリットといえるでしょう。
さらにいえば、入金は小切手や口座振込になりますから、
パチンコや競馬の収入と違って“証拠”が残る。
いくら稼いでも、所得税の支払いが追いかけてきますよ」
(オンラインカジノに詳しい関係者)

ヤマダのオンラインカジノは、景品はあくまでネットオークションでの落札商品。
ヤマダ オークション

6万円相当のデジカメが100円で落札出来たりといった形で、オンラインカジノ利用者に
還元されます。

パチンコが、実態はギャンブルだけれど、店内では景品しか渡されない
(店外の景品交換所で現金に換えられる)ので、賭博じゃない、違法じゃない
としているのと似ていますね。

ヤマダがオンラインカジノのサービスを始めたことの影響については、
大手企業がやっているという安心感から、海外のオンラインカジノの脅威に
なるのではないか、としています。

更に、記事ではヤマダにカジノ参入の思惑があるのではないか、としています。

こうしたヤマダ電機の動きには“ある思惑”が見え隠れすると指摘する声もある。
「実際に国内でリアルカジノがオープンした際に、
なんらかの形で参入するための布石ではないかとみられている。
すでにパチンコ大手のマルハンや、遊技機メーカーのセガサミーが具体的な動きを見せ始め、
昨日にはコナミが子会社の設立を発表するなど各方面の動きが活発になってきているが、
今後、ヤマダ電機の動向にも注目していく必要がある」(同)

 すでに国内ではお台場や大阪など、カジノ法案成立を前に招致合戦が始まっているが、
莫大な利益が動く“カジノ利権”の争奪戦も、今後激しさを増していきそうだ。

というわけで、その話題のヤマダのオンラインカジノ
ヤマダカジノをちょっとプレイしてみました。
ヤマダカジノ
キャラクターが、いかにも日本のゲームです。
可愛くって、つい誘われます。

スロットが7個、
テーブルゲームがバカラ、ルーレット、ブラックジャック合わせて4個
ビデオポーカーが2個
ヤマダカジノゲームリスト

というわけで、数えきれないくらいのゲーム数を持つ
海外の本格的なオンラインカジノに比べると、まだスタート地点という感じです。

スロットを一つプレイしてみました。
ヤマダスロット1

リールは3つだけで、ラインは1本だけです。すごくシンプルで分かりやすいです。
ヤマダスロット配当表

でも、海外のオンラインカジノに慣れてる身からすると、
リールが5本なのが普通なのに・・
ラインが一本しかない、あっちは25本とか50本あるんだけど・・・・
と、かなり物足りないです。

と、思っていたらこの画面。
ヤマダスロット キャラクター
ううーん、この誘いに乗ってしまうなあ・・。
海外のオンラインカジノではこんな萌えキャラは出て来ない。
ここが、いかにも日本のゲームです。

ヤマダスロット
で、こうやって結構簡単に勝たせてくれるんですね。

海外のオンラインカジノに、日本のゲームの要素が加わると
最強のオンラインカジノのゲームが出来上がる、という確信が持てました。

とはいえ、賞金が家電オークションに限定されるので、どれだけ人気が出るでしょうね。
海外のオンラインカジノのように現金を賭けるスリルの方が私は好きです。

ヤマダカジノでプレイされる方には、
本サイトでご紹介している海外の本格的なオンラインカジノも是非試してみて下さいね。
どのサイトも無料でプレイが出来るんですヨ。

海外のオンラインカジノは、大人の雰囲気を出してるところもありますが、
一番ポップな雰囲気なのがベラジョンカジノです。
英国系の会社ですが、ノリはラテン系ですヨ。

ヤマダカジノと同じくブラウザベースのゲームなので、
スマホでプレイ出来ます。

入金もVISAカードが使えて簡単です。

出金もいろいろ方法がありますが、ネッテラーという電子ウォレット、国際送金システムを
使うと、出金もカードでセブンイレブンやゆうちょで出来るんです。

海外のオンラインカジノについては、本サイトのトップページをご覧ください。

オンラインカジノのコミュニティーサイト「オンカジ」もオススメです。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ にほんブログ村

オンラインカジノとパチンコ どっちが稼げる?

オンラインカジノとパチンコを比較して、どっちが稼げるかを考えてみました。

パチンコの場合は店舗を構えて、人件費も設備費用もかかるので当然と言えば当然なんですが、
ペイアウト(還元率)は80%程度と言われます。

これに対して、オンラインカジノだと97%前後という高い還元率になっています。
パチンコに慣れた人がオンライカジノをやると、結構当たるね、という感想を持つ話をよく聞くのは このせいじゃないかと思います。
オンラインカジノとパチンコ

そして、最も大きな違いは、賞金の大きさです。
数十万円、数百万円、ときには数千万円、一億円といった大当たりが出るのがオンラインカジノの魅力です。

更に、このゲームをネットで楽しめるというのもオンラインカジノの大きなメリットです。
(逆に、リアルでカジノで遊びたいというときは、一番近くても韓国かマカオに行かないといけないですが)

パチンコ屋の雰囲気が好きで、近くにパチンコ屋があるっていう人でも、時間が取れないときは、自宅やスマホでゲームをしたくなると思うんですが、オンラインカジノなら遊び切れないほどのゲームが揃っていて、スマホでも遊べるベラジョンカジノや32レッドカジノといったサービスが揃っています。

ネットで遊べるパチンコだと、お金を賭けられないのと、ゲーム数も少ないので、欲求不満になってしまうのかなあと思います。

パチンコのスロットで鍛えた人は、きっとオンラインカジノのスロットで要領をつかむのが速いのだろうなあ、と思うと羨ましいです。

パチンコをネットでもプレイしたい、と思ったら是非オンラインカジノのスロットを試してみて下さい。
どこのオンラインカジノも無料プレイが出来るので、そこで感覚をつかんでから有料プレイに移っても良いと思います。

本サイトでオススメしているオンラインカジノは、サイトの右側でご紹介しています。
スロットを楽しむなら、オススメなのがこちらです。

ドリームカジノ公式サイトはこちら

ワイルドジャングルカジノ
ベラジョンカジノ
32レッドカジノ

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

日本のカジノ市場4兆円は過剰な期待? でも巨大産業パチンコをお忘れなく

ガジェット通信で「ろくす」さんが、「外国人も理解不能な日本のパチンコビジネス」と題して、海外の掲示板での日本のぱちんこの不思議に関するスレッドを紹介されてました。
034501

・実話:俺の継父が日本に行った時、パチンコ屋に行って36箱も出した。母が言うには、すごい人だかりができてたらしい。
「いくら勝ったの?」と尋ねたら
「キャンディーバーの束をくれただけよ」と、ため息混じりに答えた。
「ちょw 何色の包みだった? 金色じゃなかった?」
「そう、金とか銀とか」
彼は旅の間にそれらを全部食べてしまったが、古くなっててまずかったそうな。母にはその金色のバーの意味は言えなかったが、質素な継父が500ドル分のキャンディーバーをムシャムシャ食べている場面を思うと今でもニヤついてしまう。電車の中で取り出して食べてたとしたら、バカなガイジンだと思われてただろうね!

すぐ隣の景品交換所に行けば、その金色のキャンディーが結構な現金に交換出来ていたのに・・・。笑い話なのでしょうが、なんだか笑いにくい話です。
海外の人から見れば、パチンコはカジノにあるスロットに類似したゲームです。
大当たりしても貰えるのは現物、でも景品交換所でお金に交換できることを知ったら、彼等は本当に不思議に思うことでしょう。
「それって、結局カジノと同じギャンブルじゃないの。」「なんでそんな、まだらっこしいことするの?」

パチンコは民間が経営するため、官営賭博のように賭博罪の例外とすることが出来ず原則違法です。しかも、個別に台に手を加えることで当たりを調整出来ることから「公平性」を証明することも出来ません。そのままだと賭博罪に抵触してしまうので、それを避けるため、パチンコ店が顧客に渡すのは現金でなく“特殊景品”としています。

その景品を別の会社が運営する景品交換所に持ち込んで現金に交換できるようにする「パチンコ屋と景品交換所と景品問屋の3業者が関わる“三店方式”」は、表面的に賭博罪の違法適用を回避する苦肉の策で、客観的に見れば「パチンコは賭博・ギャンブルである」「カジノと本質は変わらない」ということになります。

さて、もう一方で日本のカジノ解禁よる市場規模は4兆円/年という数字を、フランスの大手投資銀行CLSAが出しています。(先日、サンズの会長が日本に一兆円の投資も辞さないと発言したカンファレンスを主催したのがこのCLSAです)

木曽崇さんがBLOGOS 2014年03月10日に寄稿されていて、この4兆円に対する疑問を投げかけられていました。

市場規模 カジノ軒数 平均売上/軒
■米国   6兆円  930軒 65億円
■マカオ  5兆円   35軒 1,429億円
■日本(CLSA予測) 4兆円 10軒 4,000億円

世界最大規模の売上を誇るベネチアン・マカオでさえ3,500億円の売り上げなのに対して、日本で想定されるカジノ10軒全てが、それ以上の売上を上げないと成り立たない計算になり、これはいかにも数字を大きく作り過ぎ、というわけです。全くもってその通りですね。

ここで、また日本のギャンブル市場の表をお見せします。
日本のギャンブル市場

20兆円のパチンコ産業を見ただけで、日本が世界最大のギャンブル大国だというのがお分かり頂けるのではないでしょうか。

この、巨大産業のパチンコを合法ともせず宙ぶらりんの状態にして、地域を限ってカジノを解禁する、という方法を取ってしまうと、日本のカジノ産業は、だかだか1.5兆円程度の産業というのが現実です。

日本のお家芸ともうべき「標準化」という言葉がありますが、あらゆる製品を規格化し、標準化することで生産効率と性能と価格をバランスさせて、輸出産業を育てて来たのが日本です。

ことギャンブルに関しては、この標準化とは全く正反対の動きをしてきたと言えます。日本国内でしか通用しない巨大産業が日の目を見ずにここまで育っていたわけです。ここに注がれてきたエネルギーと叡智を世界標準の「カジノ」に注いだら、日本が「カジノ」産業で世界のトップに躍り出て輸出産業にまで育てていくことが出来るのではないでしょうか。
シンガポール夜景

地域を限って解放といった小手先のカジノ解禁では、せいぜい生み出せるのは1.5兆円です。日本のギャンブル産業全体を見据えて「世界標準のカジノ」に取り組めば、20兆円には留まらない巨大産業になっていくはずです。

そして、ユーザーとしての日本人がカジノに馴染むと、世界のどこに行っても物怖じせずにカジノで華麗にプレイが出来るようになります。
日本のカジノでプレイするのも後ろめたさはなく、お金のマネジメントが出来る大人として、楽しむ場を持てるようになるのではないでしょうか。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

日本のパチンコ・カジノ関連企業の動きをまとめてみました

日本のカジノ合法化の動きの中で、これまでパチンコ業界がカジノをライバル視して警戒する動きは、目立ったものがありませんでした。

ぱちんこジャーナリストのPOKKA吉田さんが2014年3月8日BLOGOSに、カジノとぱちんこは「競合」するか、と題して寄稿されていて、
パチンコ業者にとって、当初カジノは顧客を奪う存在とみられていたけれど、最近はその声が小さい、と言っておられます。

何故かというと、日本のパチンコ関連企業はカジノ関連株として株価も上がり、着々とカジノ合法化に備えた事業展開を行っているから、というわけなんです。

私もここ数ヶ月で、パチンコ関連企業などがカジノ関連事業への投資の動きが報じられていたものをまとめてみました。
クリックして戴けると拡大します。
日本のカジノ関連企業

一番下のHISは旅行会社なのでパチンコと関係ありませんが、日本企業で具体的にカジノを実業・事業として捉えて積極的な展開を図っている企業は、ほぼこれくらいではないかと思います。(オーイズミや日本金銭機械は、単に株価上昇期待されて話題になっただけで、主体的な投資の動きがニュースになったわけではありません)

実際にカジノ事業への出資となると、大手商社、大手不動産デベロッパー、電通、フジテレビといった名前が挙がって来ると思いますが、カジノ実務・実業を手掛けようとしている会社は、ユニバーサルエンターテインメント、セガサミー、コナミ、ダイナム、マルハンのパチンコ関連企業の他は、ハウステンボスを再建したHISの5社ではないかと思います。

それにしても、ユニバーサルエンターテインメントの創業者岡田和生氏は、ウィン・リゾーツと係争中とはいえ、ウィン・ラスベガスの副会長の座についた経営者なわけで、日本のカジノ事業の先駆けであり且つ大成功者と言って良いと思います。

また、シンガポール政府投資公社がセガサミーの第7位の株主にまでなっているのは、カジノ解禁でセガサミーが成長すると見込んでいるのではないでしょうか。

カジノの実業を苦労して先に手掛けた企業が成功して、パチンコを含めた合法化・健全化が、かえってパチンコ・カジノ産業、ギャンブル産業を成長させ、日本にも富をもたらしてくれることを期待したいところです。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村