日本でのカジノ合法化、カジノリゾートの意義

カジノ法案、経済活性化へ周到な戦略を、というタイトルで、ライブドアの経営再建をされて有名になった平松庚三さんが
SankeiBizのコラム(2014年3月6日)に投稿されていました。

シンガポールでのIR(カジノリゾート)を例に取り、成功の要因は、カジノを表には出さず地下に隠し、外国人観光客をカジノに誘致したことだ、カジノは決して自国の国民を喜ばすためのものではない、日本も周到な戦略を、と言っておられました。
シンガポール夜景

周到な用意が必要、という趣旨には全く賛成ですが、2つだけちょっと違うかなと思った点があったので、ご紹介します。

■シンガポールが「カジノを表には出さず地下に隠し」ている・・・?
カジノに対してマイナスイメージを持たされてきたのは日本人だけです。カジノは健全な大人の遊び場だと分かっている海外の人に、カジノを「隠す」必要はありません。シンガポールは堂々とカジノを前面に出しています。ラスベガスに家族連れが多いのは、カジノにマイナスイメージなど持っていないからです。

何度もラスベガスに出張に行きましたが、あの家族連れの楽しげな様子を見て、痛いほど「仕事じゃなくて家族を連れて来たい」と思ったものです。

■カジノは「自国の国民を喜ばすためのものではない」・・・・?

日本は世界に冠たるギャンブル大国です。
日本のギャンブル市場

パチンコだけを見ても年20兆円レベルの売上があり、1100万人の利用者が居ます。この売上だけでもマカオの4-5倍の規模です。
実は、日本人は大のギャンブル好きです。

日本では、ギャンブルは公営のもの以外は原則的に違法ですが、パチンコはこの例外として認められています。
ただ、パチンコ台に手を加えることで当たりを操作することが出来る、という点で絶対的な公平性を唱えることが出来ないため、
苦肉の策としてパチンコ店で渡せるのは商品だけ、としてなんとかグレーだけど風俗営業法上やっていい、という状態を作り出しています。

このパチンコ産業が、カジノに衣替えをしたらどうなるでしょう。

監査機関が常にカジノ自体とそこで使用されるゲームの公平性をチェックするので、ゲーム台に手を加えることなど出来ません。
健全極まりないゲーム場、ローカルカジノに様変わりします。

そこで働くのは、日本で教育された優秀なディーラー達です。

使用されるゲームは、日本のゲーム機メーカーが腕によりをかけて作ったカジノゲームで、これが輸出産業にもなって行きます。

もうちょっと華やかな場所でプレイしたいと思えば、政府が認可した数か所の大型カジノリゾートに足を延ばします。
プレイ内容は、地域にある小カジノと同様なので、大いにプレイを楽しむことが出来ます。
そして一緒に家族を連れて行きます。子供たちや奥さんも楽しめるエンターテインメントが沢山揃っていて、夜は夫婦でちょっと気取った格好でカジノに興じます。そこには外国人観光客も一杯来ていて、国際的な雰囲気です。

私が抱くカジノ合法化のイメージは、パチンコも合わせた合法化・健全化です。

こんな状態になれば、カジノは日本人のエンターテインメントとして日本人を楽しませることも、国内産業、観光産業、輸出産業としても日本経済を潤してくれるのではないでしょうか。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

世界のカジノ運営会社大手はラスベガスとマカオの7社

オンラインカジノで鍛えたあとは、世界のカジノに行って見るぞ、と思っている方のために、世界のカジノ運営大手がどんな顔ぶれかをご紹介します。
マカオグランドリスボア

今や世界トップのカジノ都市はマカオですが、その地のカジノの経営母体は、大きくは香港・中国資本とラスベガス資本、一つだけが豪資本です。

MGM、サンズ、ウィンはラスベガスからマカオに進出して、サンズ・マカオはマカオのカジノのトップを争っています。
マカオを本拠とするのが、SJM、ギャラクシー、クラウンですが、これらと合わせてマカオのカジノ群を形成しています。
これにマカオ進出をしていないシーザースを加えた7社が、世界のカジノ運営会社の最大手だと見て良いと思います。
クリックして戴くと拡大します。
世界のカジノ運営会社

日本がカジノ解禁になった場合には、恐らくこれらのうちのどこかが日本にも資本を投下して来ることになると思います。

ラスベガスやマカオのカジノに行こうと考える際に、どの資本系列がどんな運営傾向かを見て選ぶのも面白いかも知れません。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

レディ・ガガ、ブリトニー・スピアーズを絶賛

レディ・ガガ、ブリトニー・スピアーズを絶賛 という記事がMSNトピックス(2014年2月10日)に載っていました。
プラネットハリウッド

ブリトニー・スピアーズとレディ・ガガは非常に仲が良いようで、二人がステージで共演する日も近いかも知れません。

ガガはプラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノで行われた2月2日(日)の公演で、ブリトニーのマネージャーであるラリー・ラドルフのいるVIPエリアに仲間入りし、踊ったり投げキッスをしている姿が見られている。

ガガはツイッターでも「私とブリトニー。ブリトニーに拍手。@britneyspearsあなたのショーですごく楽しませてもらったわ」と投稿し、さらには自身のウェブサイトであるLittlemonsters.comにも宝石が散りばめられたセクシーな衣装に身を包んだブリトニーと一緒に写った写真をアップして、ブリトニーの父ジェイミー・スピアーズがおいしい料理まで振る舞ってくれたと明かしている。

「ブリトニーはとても美しかったし、ショーはすごく楽しかったわ。それにブリトニーのお父さんが最高のバーベキューを作ってくれたの」

2013年は、ガガがツイッターを通じて「その時が来た」とブリトニーとのデュエットを呼びかけており、今回のこの2人の対面で更にコラボに対する期待が高まってきている。
2年間にわたるラスベガスの長期公演のうち1ヵ月をこなしたところのブリトニーは、2013年に行われたライブのQ&Aセッションでガガとのコラボに興味があると明かしていた。
「レディ・ガガとのデュエットはしてみたいわね。とても楽しくなると思うの。彼女って人とはかなり異なってるし、興味深くて複雑な存在じゃない」
MSNトピックス(2014年2月10日)

ブリトニーのショウが、ラスベガスのチケット売上の史上最高額となった、というのが1月にニュースになっていましたが、彼女の公演は2年間の予定のうちの最初の1ヶ月を終えた段階、ということから大変な人気になっていることが覗えます。

 ブリトニーは昨年末、ラスベガスのプラネットハリウッド・リゾート&カジノで、長期公演ショーをスタート。同ショーのチケット売り上げは、すでにラスベガスで長期公演を行っているセリーヌ・ディオン、エルトン・ジョン、シャナイア・トウェイン、ロッド・スチュワートらの売り上げを超えたという。(鹿目直子通信員) (NIKKAN SPORTS.com 2014年1月27日)

ブリトニー・スピアーズさんのショウをやっているのが、プラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノです。
ブリトニーのショウとカジノでのプレイを両方満喫出来るといいですね。

本サイトでは、オンラインカジノに関するニュースのほか、オンラインカジノで練習して世界の主要カジノで華麗に遊ぼう、という趣旨で、カジノリゾートでのエンターテインメントに関するニュースも合わせて掲載して行きます。

お役に立てることがありましたら、応援クリックを宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村